「家具として置きたくなる」感染防止のパーティション

「家具として置きたくなる」感染防止のパーティション

 精密機械部品メーカーの協和精工(京都市伏見区)は、自社ブランドTeyneyの新製品「Q 家具として置きたくなる飛沫(ひまつ)感染防止パーティション」を発売した。真鍮(しんちゅう)を使っておしゃれに仕立てたパーティションでインテリアとしても活用できる。

 同社は新型コロナウイルス対策で置かざるを得ないパーティションを、日常で置きたくなるようにできないかと考えて新製品の開発に取り組んだ。

 設置スペースを最小限に抑えられるように真鍮製のスタンドを採用。アクリルパネルのエッジ部分にも真鍮フレームを使い、部屋との調和を重視した。サイズは幅50センチ、高さ60センチ(2万350円)や幅80センチ、高さ60センチ(2万5300円)など。オンラインストアで販売する。