モニタリング検査で配布されたPCR検査キット

モニタリング検査で配布されたPCR検査キット

 新型コロナウイルスの感染再拡大の兆候をつかむモニタリング検査が5日、京都市内で始まった。市中感染の状況や傾向を把握する目的で、街頭を行き交う人にPCR検査のキットが無料で配られた。

 モニタリング検査は、政府が緊急事態宣言を解除した地域の感染予防策として進めている。京都府内では京都市内の駅前など非公開の場所で、無症状者に検査キットを配布。受け取った人は自宅で唾液を採取して検査機関に郵送すれば、数日後に結果が通知される。

 報道陣に公開された配布作業では、委託業者のスタッフがPCR検査キットを手渡す流れを確認した。府は5、6日で計約300件の配布を目指しており、今後も市内で同様の検査を毎週続ける。また今月中には、大学や繁華街での集団モニタリング検査も予定している。

 モニタリング検査の結果は後日、国と府が公開する。府健康対策課は「感染の再拡大が懸念されるが、あらゆる方法でいち早く、その端緒を捉えていきたい」としている。