1日午後6時50分ごろ、京都市下京区のJR山陰線丹波口駅に停車中の園部行き普通電車内で、事故などを周囲の電車に知らせる防護無線機の電源ランプが消えているのに運転士が気付き、運転を見合わせた。乗客約300人は降車した。

 JR西日本によると、この電車を含む上下線計9本が遅れ、約3千人に影響した。