新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は6日、新型コロナウイルスに感染した男女2人が死亡し、新たに10代から60代の男女9人が感染したと発表した。いずれも軽症か無症状で、感染経路不明は6人。府内の感染者は9093人となった。

 京都市によると、死亡した2人は市内在住の90代で、そのうち女性に基礎疾患はなかった。新規感染者の市発表分は5人で、市在住の3人以外は滋賀県、大阪府が各1人。府の発表分は4人で、宇治市と長岡京市が各2人だった。

 府は同日、新規感染者の7日間平均が5人以上となり、府が定める独自基準の「注意喚起基準」から「警戒基準」に引き上げたと発表した。