サンガ-松本 前半、サンガのウタカがヘディングシュートを放つが、惜しくも外れる(サンガスタジアム京セラ)

サンガ-松本 前半、サンガのウタカがヘディングシュートを放つが、惜しくも外れる(サンガスタジアム京セラ)

 サッカーJ2の京都サンガFCは7日、サンガスタジアム京セラで松本とのホーム開幕戦を行い、0-0で引き分けた。

 サンガは前節から先発を入れ替え、前線にウタカと曽根田、新加入の中川が入った。相手の球際の強さとハードワークに苦しんだが、前半は左サイドバックの荻原が精度の高いクロスをあげてチャンスを演出した。

 後半から中野克、宮吉、三沢、白井、中野桂を投入し、攻勢に出たが、最後までゴールネットを揺らせなかった。守備では、GK若原の好セーブや本多、バイスの奮闘も光り、2戦連続無失点に抑えた。