7人分のワクチン接種ができるインスリン用注射器(右)。国が用意した注射器(左)と比べて針の長さは半分ほどで、中に液体が残りにくい形状という=宇治市・宇治徳洲会病院

7人分のワクチン接種ができるインスリン用注射器(右)。国が用意した注射器(左)と比べて針の長さは半分ほどで、中に液体が残りにくい形状という=宇治市・宇治徳洲会病院

皮下脂肪が厚いと注射針が筋肉に届かない可能性があり、接種前にエコーで測定する(8日午後、宇治市・宇治徳洲会病院)

皮下脂肪が厚いと注射針が筋肉に届かない可能性があり、接種前にエコーで測定する(8日午後、宇治市・宇治徳洲会病院)

 新型コロナウイルスのワクチンを1瓶当たり7回分の接種ができるとする宇治徳洲会病院(京都府宇治市)の手法について、関係閣僚は9日、容認する考えを表明した。ワクチン担当の河野太郎行政改革担当相はアイデアを評価し、7回接種に使えるインスリン用注射器の調達を政府内で検討していることを明らかにした。

 米ファイザー製のワクチンは皮下組織下部の筋肉に届くように針を深く刺す必要がある。7回分接種できる量の原液があるが、国が確保した筋肉注射用の一般的な注射器では先端部に液体が残り、5回分しか取れない。

 一方、同病院は先端部に液体が残りにくいインスリン用注射器の使用を検討。一般の注射器より針が短いため、エコー検査などで皮下脂肪の厚さを調べ、筋肉まで針が届くことを確認できた職員に接種を開始。厚生労働省に資料を提供した。

 河野担当相は閣議後会見の冒頭で、同病院の手法を紹介し「これは大いにやっていただきたい」と発言。皮下脂肪が厚い人には適切な接種が必要としつつ「オプション」になるとした。インスリン注射が必要な糖尿病患者には迷惑をかけないことを前提とした上で、「余剰分があれば、調達を指示している」とも述べた。

 田村憲久厚生労働相も閣議後会見で、「7回取れることはファイザー社も否定していない。医療機関でしっかりと筋肉に必要な量を注射していただけることを前提に対応いただきたい」と容認した。

 EUの輸出規制などもあり、ワクチンの十分な確保に見通しが立たない中、民間病院から出てきた接種回数を増やす工夫。河野氏は「私の知る限りこれまで政府で7回取ろうという話はなかった。このようなアイデアをどんどん出してほしい。常々(地方)自治体が自由に柔軟性を持ってやっていただくのが一番いいと申し上げていたので、非常にいい例だ」と語った。