会場に並ぶ多彩な雛飾り(京都府向日市・中小路家住宅)

会場に並ぶ多彩な雛飾り(京都府向日市・中小路家住宅)

 京都府向日市を中心とした西国街道一帯で、軒先や施設内を見て回る「ひな人形めぐり」が始まった。住民でつくる団体が一帯の活性化を目指して主催しており、今年は27カ所で展示している。

 同市上植野町の国登録有形文化財「中小路家住宅」では、大正時代から現代までに制作されたひな人形が飾られている。つるしびなや姫だるまのほか、七福神など縁起物の雛(ひな)飾りも並ぶ。

 京都市西京区の主婦(67)は「ほっこりしました。いろいろなおひなさまに出会えて良かった」と笑顔を見せた。

 催しは5日まで。一部の施設は有料。