〈「原発 第二 全体としてはよくはない」。東日本大震災発生翌日の3月12日午前、現地視察から戻った菅直人首相(当時)の言葉を、官房副長官だった福山哲郎はこうノートに書き留めていた。官邸を離れ「現場介入」した首相の行動には批判もあった。有事に国民とどうコミュニケーションを取るか腐心した〉