4月上旬並みの暖かさとなった10日朝、開花したソメイヨシノ(3月10日、京都市左京区・鴨川荒神橋下流)

4月上旬並みの暖かさとなった10日朝、開花したソメイヨシノ(3月10日、京都市左京区・鴨川荒神橋下流)

 京都市左京区の鴨川左岸沿いにある桜並木で10日朝、ソメイヨシノが一気に10輪ほど開花した。風に揺れるピンク色の花が、本格的な春の訪れを告げている。

 この日の京都市内の最低気温は6・8度で、4月上旬並みの暖かい朝となった。鴨川を散歩していた近所の女性(57)は「(鴨川沿いにある)満開のウメを見に来たら、サクラが咲き始めているので驚きました」と話していた。

 この日に開花した鴨川堰堤のソメイヨシノの木は、日当たりの良い場所にあり、昨年も3月10日に開花している。中京区の二条城にあるソメイヨシノの標本木では開花しておらず、民間の気象会社では、京都での開花宣言は平年より11日前後早い17日~18日頃を予想している。