京都地検

京都地検

 京都地検は10日、自動車運転処罰法違反(無免許過失致死)と道交法違反(事故不申告など)、犯人隠避教唆の罪で、京都市南区、解体工の男(21)を起訴した。


 起訴状によると、昨年6月5日、大阪府吹田市でトラックを無免許運転し、道路横断中の高齢者をはねて死亡させた。また同年12月13日、西京区で乗用車を運転し、同区の男性の車と衝突したのに警察に申告せず、知人女性が事故を起こしたように装い、西京署に虚偽申告させたとしている。


 同署によると、被告は一度も免許を取得していなかったという。