京都大学

京都大学

 3種類の金属原子から合金を作って高い耐久性を持った排ガス浄化触媒を作製できたと、京都大のグループが発表した。自動車の排ガス浄化などに必要な安価で高性能な触媒の実用化につながる可能性がある。独科学誌「アドバンスド・マテリアルズ」にこのほど掲載された。

 現在、自動車などの排ガスに含まれる窒素酸化物を浄化する触媒として、レアメタルのロジウムが重要な役割を果たしている。しかしロジウムは希少で価格が高騰しており、代替材料が必要となっている。理学研究科の北川宏教授や白眉センターの草田康平准教授らは既に、パラジウムとルテニウムの2種類から窒素酸化物を浄化できる触媒「人工ロジウム」を開発したが、耐久性に課題があった。

 グループは今回、パラジウムとルテニウムにもう1種類の金属原子を組み合わせて合金を開発することに成功。3種類目をイリジウムにした合金では人工ロジウムより高い耐久性があり、繰り返し使っても強い浄化力も維持できた。

 草田准教授は「実用化にはさらに厳しい耐久試験は必要となる。一方でより複数の原子からの合金開発も可能なので、さまざまな用途への応用が期待できる」と話している。