介護施設に届ける弁当をつくった山田さん(京都市中京区西ノ京、ヴェール・プレ)

介護施設に届ける弁当をつくった山田さん(京都市中京区西ノ京、ヴェール・プレ)

 コロナ禍に介護福祉施設で働く職員に元気を届けたいと、京都市中京区西ノ京の洋食店「ヴェール・プレ」が約1カ月半、職員に弁当を無償で提供した。

 店主の山田浩一さん(58)が「自分にもできる社会貢献はないか」と考え、1月下旬から今月12日まで続けた。調理はランチが終わってから夜のオープンの合間に行った。地域密着型総合ケアセンター「きたおおじ」(北区)、「おんまえどおり」(上京区)に、計260個をデリバリー業者を通じて届けた。おかずは日替わりランチと同じものを使い、店で1番人気のハンバーグが好評だったという。

 提供を受けた「きたおおじ」からは感謝の言葉を込めた色紙が届いた。メッセージを読んだ山田さんは「こちらの方が勇気づけられました」と話した。