『義経千本桜』の「吉野山」と「川連法眼館(かわつらほうげんやかた)(通称=四(し)の切(きり))」を続けて見ると、15年前の南座の顔見世を…