滋賀県警甲賀署

滋賀県警甲賀署

 新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援金をだまし取ったとされる事件で、滋賀県警甲賀署などは12日、電子計算機使用詐欺容疑などで甲賀市甲賀町、学習塾経営の男(25)を追送検し、同日までに計24件、総額約2970万円分を裏付け、捜査を終結したと発表した。

 追送検容疑は昨年6月上旬、自分の預金口座に持続化給付金として誤送金された現金のうち約100万円を自ら管理する他人名義の口座に送金し、不法に利益を得るなどした疑い。