不登校の当事者や経験者がこれまで抱いた気持ちや現在、考えていることを語るシンポジウムが2月下旬、京都市内で開かれた。小学5年生と高校3年生の2人が教室での不安や葛藤、学校や親への思いなどを率直に話し、新たな学びや目標に向かう今を報告した。