米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 河野太郎行政改革担当相は12日の記者会見で、米ファイザー製の新型コロナウイルスのワクチンについて、6月末までに約1億回分(約5千万人分)を調達できるとの見通しを表明した。欧州連合(EU)の承認が得られれば、5月に毎週、最大約1千万回分が日本に到着し、6月は「5月を上回る供給」を見込む。4月中旬の医療従事者向け接種から1瓶当たり6回打てる特殊な注射器が使用可能とした。全高齢者約3600万人分を6月末までに市区町村に届ける方針も重ねて示した。

 7月以降の本格化が想定される一般向け接種へ調達計画が前進した格好だ。