陽気に誘われ満開となったハツミヨザクラ(大津市・皇子が丘公園)

陽気に誘われ満開となったハツミヨザクラ(大津市・皇子が丘公園)

 ハツミヨザクラが大津市の皇子が丘公園で満開となっている。濃いピンク色の花びらが園内を彩り、来園者が陽気に誘われて一足早く「春満開」を堪能している。

 カンヒザクラとケイオウザクラを交配した品種で、ソメイヨシノより半月ほど早く開花する。寿命や倒木などで以前より本数が減ったが、今も公園内に50本が残る。管理する市公園緑地協会によると、今年の開花は例年並みの今月初旬で、先週末の暖かさで開花が進んだ。14日ごろまで楽しめるという。

 木の周囲ではヒヨドリがにぎやかに飛び交い、花の蜜を吸っていた。春本番を思わせる光景に、訪れた人たちは花を見上げて、カメラを向けたり、散策を楽しんでいた。