表の数字の単位は百万円。▲は減

表の数字の単位は百万円。▲は減

■特損計上で中間赤字

 主力の包装資材・紙器、紙工品部門が自然災害の影響を受け、減収となったが、ラベル子会社の好調が寄与して経常増益に。子会社の固定資産売却に伴う処分損の特別損失1億3500万円を計上し、中間赤字になった。

 19年3月期は、特損発生の影響で業績予想を4月発表の純利益1億3千万円から5600万円(前期比5・0%減)に引き下げた。野崎隆男社長は「台風の影響で京阪神で観光客の土産物需要が減った影響で9月は2桁減だった」とし、下期の回復を見込む。