選手や試合について語る曺監督(京都市内のホテル)

選手や試合について語る曺監督(京都市内のホテル)

 J2京都サンガFCの曺貴裁監督(洛北高―早大出)が15日、京都市内のホテルで講演し「京都のサッカーが世界に通じるきっかけとなる1年にしたい」と意気込みを語った。

 京都府サッカー協会が指揮官を激励しようと主催。曺監督は冒頭、試合途中に雷雨で中止になった13日の大宮戦に触れ「0―5で負けたら(講演会に)来づらいなと思っていた」と話して場を和ませた。

 司会役の和田りつ子同協会理事が「監督は熱い思いを選手に伝えているという印象」と語りかけると、監督は「(選手の)チャレンジしようとする姿勢を応援すると決めている。サッカーはミスのスポーツなので、ミスをしても怒らないと伝えたら選手の目が変わった」と明かした。

 故郷のチームを率いることになり「京都のみなさんに喜んでもらえるようなサッカーがしたい」と語った。