岡山署長から感謝状を受け取る井関さんら(京都府舞鶴市松陰・西消防署)

岡山署長から感謝状を受け取る井関さんら(京都府舞鶴市松陰・西消防署)

 京都府舞鶴市内で発生した民家の全焼火災で人命救助に貢献したとして、市西消防署は16日、同市の会社員井関一男さん(51)=上福井=と会社員岩本新吾さん(46)=天台、建設会社社長仲井康彦さん(49)=丸山中町=に感謝状を贈った。

 火災は2月16日早朝、同市天台で発生。火の手が迫る中、現場近くの職場にいた井関さんが住民男性(68)を屋外へ避難させ、ぼうぜんとした状態で1階にいた男性の妻(62)も近所の岩本さんと一緒に抱え出して救出した。仲井さんは部下の井関さんらに指示し、連携して2人の救助につなげた。

 西消防署(松陰)であった贈呈式で、岡山寛署長は「素早く勇気ある行動で貢献していただいた」と感謝を述べ、3人は「恐怖を感じたが、人助けの気持ちが勝った。2人の命が助かってよかった」と話していた。