大津地方裁判所

大津地方裁判所

 福井県の東尋坊で2019年10月、滋賀県東近江市の嶋田友輝さん=当時(20)=が遺体で見つかった事件で、殺人や監禁などの罪に問われた滋賀県多賀町の少年(18)の裁判員裁判の判決が16日、大津地裁であり、大西直樹裁判長は懲役5年以上9年6月以下(求刑懲役6年以上11年以下)を言い渡した。事件で起訴された7人のうち、有罪判決を受けたのは5人目。

 大西裁判長は、少年は一連の犯行に関与した時期が比較的遅く、傷害行為などの一部は共犯者を手伝う程度にとどまるとしたが、最終的には自発的に暴行を加え、東尋坊では飛び降りるよう嶋田さんを追い込んだとして「相応の役割を果たした」と指摘。弁護側は少年の未熟さなどから少年院送致の保護処分を求めたが、判決は「殺人の中でも重い部類で、刑事処分以外の措置は許されない」と断じた。

 判決によると、少年は元少年(20)ら6人と共謀。19年10月17~18日、長浜市で嶋田さんを殴打するなどして車に閉じ込めて東尋坊に向かい、同18日夜、崖から飛び降りさせ死亡させるなどした。

 この事件で地裁はすでに、元少年を含む19、20歳の計4人に対し、懲役10年以上15年以下などの不定期刑(確定)を言い渡している。