国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は17日、試作開発会社のクロスエフェクト(京都市伏見区)が製作した精巧な「3D心臓モデル」を小児心疾患の手術シミュレーションに用いる治験が終了したと発表した。