ゲームの世界が広がる新エリア「スーパーニンテンドーワールド」(大阪市、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

ゲームの世界が広がる新エリア「スーパーニンテンドーワールド」(大阪市、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

「マリオカート」のアトラクションはAR(仮想現実)ゴーグルを身に付けて体験する

「マリオカート」のアトラクションはAR(仮想現実)ゴーグルを身に付けて体験する

マリオシリーズでおなじみの土管の内部。エリアの内と外をつなぐ

マリオシリーズでおなじみの土管の内部。エリアの内と外をつなぐ

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は、任天堂(京都市南区)の人気キャラクター「マリオ」が登場する新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を18日に開業する。17日には報道陣に先行公開され、ゲームの世界観を再現したエリアの全容があらわになった。

 任天堂のテーマパーク進出は初めてで、約6年掛かりで設計や建設を進めてきた。USJの山本歩マーケティングコミュニケーション部長は「ようやく開業の日を迎えられて感無量だ。等身大のマリオとなって、思い切り飛び跳ねてほしい」と述べた。新エリアは当初、昨年夏までに開業予定だったが、新型コロナウイルスの影響で2度の延期を余儀なくされた。

 エリアは「スーパーマリオブラザーズ」などのシリーズでおなじみのキャラクターやアイテムをちりばめた。緑色の巨大な土管を通り抜けて入場すると、ゲーム画面のような世界が広がる。別売りの腕時計型端末を身に付けると「ハテナブロック」をたたいてコインを集めたり、全身を動かす遊びに挑んだりできる。スマートフォンのアプリとも連携し、チームで競争できる仕掛けだ。

 仲間キャラクターの「ヨッシー」に乗って景色を楽しむアトラクションは、利用の身長制限を86センチ以上とUSJ内で最も低く設定。幼い子どもも楽しめるようにし、ファミリー層の取り込みを狙う。新エリアは当面、新型コロナの感染対策として整理券を配り、入場を制限する。