京都府警亀岡署

京都府警亀岡署

 殺害した元妻のクレジットカードなどを使って不正に振り込ませた金を口座から引き出したとして、京都府警亀岡署は18日、窃盗の疑いで、京都府亀岡市、無職藤田啓文被告(30)=殺人罪などで起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、1月8日から13日の間、元妻のクレジットカードを使用して電子マネーを入手した上で自身の口座に不正に振り込ませるなどし、亀岡市内の現金自動預払機(ATM)で2回にわたって計24万1000円を引き出した疑い。

 同署によると、藤田容疑者は容疑を認め、金はパチンコなど遊興費に使ったとみられるという。

 藤田容疑者は、同居していた元妻の首をロープで絞めて殺害したとして2月5日に殺人罪で起訴された。