特殊詐欺防止を呼び掛けるポスターと並ぶ武騎手(大津市打出浜・県警本部)

特殊詐欺防止を呼び掛けるポスターと並ぶ武騎手(大津市打出浜・県警本部)

 高齢者らを狙った特殊詐欺被害が滋賀県内で相次ぐ中、滋賀県警は、日本中央競馬会(JRA)騎手の武豊さん(52)と歌手の北島三郎さん(84)を起用した防犯ポスターを作った。商業施設などに貼り、被害防止を呼び掛ける。

 武騎手は栗東市の金勝小、栗東中を卒業するなど湖国とゆかりが深く、昨年3月には「しがスポーツ大使」に就任した。北島さんは馬主でもあり、2017年の有馬記念では、愛馬「キタサンブラック」に武騎手が騎乗して優勝した。

 ポスターは県警と県防犯協会がJRAなどと協力し、2千枚を制作した。約52センチ×約36センチの2種類で「電話のウマい話!それは詐欺!」と注意。武さんが同馬で疾走したり、北島さんと喜びを分かち合ったりする写真に、「詐欺根絶の手綱はゆるめない」「手を取り合って犯罪抑止」とメッセージを添えた。

 このほど、大津市の県警本部で披露された。武騎手は「滋賀県のために何かできたらと協力した。少しでも犯罪抑止になればうれしい」と話した。