京都市左京区の書店主がつづった日記をまとめた冊子「にいぜろにいぜろにっき」が話題を呼んでいる。昨年1月1日からの、客とのやりとりや店外イベントでの出来事、同級生の思い出といった日常を軽妙に記しており、1カ月分ごとに冊子にして出版している。