JR西日本本社

JR西日本本社

彦根駅

彦根駅

 19日午後4時半ごろ、JR東海道線彦根-米原で、線路脇の電柱から煙が出ているのを走行中の新快速電車の運転士が見つけた。安全確認のため、長浜-河瀬間で運転を見合わせ、約2時間40分後に再開した。

 上下線で計29本が運休し、34本が最大1時間38分遅れ、約2万2千人に影響した。JR西日本によると、電線に飛来した銅線が接触して煙が発生したとみられるという。