リニューアルした叡山ケーブルの車体デザイン(19日、京都市左京区・ケーブル八瀬駅)

リニューアルした叡山ケーブルの車体デザイン(19日、京都市左京区・ケーブル八瀬駅)

 京福電気鉄道は、比叡山の麓と山中を結ぶ「叡山ケーブル」のデザインを23年ぶりにリニューアルし、19日に初公開した。比叡山をイメージさせる濃緑色をベースにした車体で20日から運行を始める。

 「伝教大師最澄1200年大遠忌」に合わせた事業の一環。叡山電鉄の観光列車「ひえい」や江若交通のシャトルバスに導入される車両とデザインを統一し比叡山を中心とした観光ルートをアピールする。

 ケーブル八瀬駅(京都市左京区)では車体の安全祈願法要があり、関係者らが無事な運行を願った。