京都府宮津市の名物として市民に愛された「カレー焼き」を、市内の店舗が復刻し販売を始めた。長年使われていた鉄板を譲り受け、味や形を再現した。