みかわ・けい 1957年生まれ。専門は日本中世史。摂南大教授などを経て現職。冷泉家時雨亭文庫の調査に携わる。主な著書に「公卿会議」(中公新書)「後三条天皇」(山川出版社)など。

 つい最近新聞の一面を飾った「定家本・源氏物語『若紫』の発見」。所蔵者から冷泉家に持ち込まれ、長く定家本系統の源氏物語を追い求めてこられた藤本孝一氏(冷泉家時雨亭文庫調査主任)の鑑定がなされたことも感慨深い。というのも、私は大学院生時代、藤本氏のもとで、調査員として冷泉家に出入りをさせていただいていたからである。

 今回、最初に目に飛び込んできた『若紫』写本の特徴ある字体は、私が冷泉家でなじんできた定家自筆本『明月記』(藤原定家日記原本、国宝)の字体とうり二つであった。

 定家の字体は、後世「定家様」と呼ばれ、書道の世界で尊ばれるようになった。それは、従来の平安時代の流麗な文字とは違う、ごつごつした独特なものである。定家自らもそれを「鬼の如し」などと表現している。

 しかし、それは意図して編み出された字体であったようで「平生書く所の物、落字無きを以て悪筆の一得と為す」とも記している。つまり、ふだん書くところのものは、脱字がないことが、悪筆の長所となっているというのである。その字体こそが、筆写の正確さを追究した末の、一つの定家の結論なのであった。

 定家は、鎌倉時代前期、後鳥羽上皇のもとで『新古今和歌集』の撰者の一翼を担い、歌人としての名声を確立した。和歌の発展のために、『古今和歌集』や『後撰和歌集』などの平安勅撰(ちょくせん)集をはじめ、膨大な私家集(個人和歌集)を書写した。

 その書写の範囲は、和歌文学にとどまらず、『源氏物語』『更級日記』『伊勢物語』などの代表的な平安古典文学に及んでいた。日本文学の研究によると、現在有名な古典作品のほとんどが、定家が書写した本の系統の写本であるという。定家による書写事業がなければ、現代まで伝わらなかった平安時代の文学作品が数多くあるのだという(片桐洋一「藤原定家の古典書写」『冷泉家の至宝展 図録』1997年所収)。

 しかも、そのような定家による古典書写は、承久の乱(1221年)のあとに集中的に行われたらしい。『明月記』嘉禄元(1225)年二月十六日条には前年の十一月から源氏物語を「家中小女等」に書写させたと記されている。戦いに負けて、貴族社会の存続が危機に瀕(ひん)していたときのことである。

 定家は若き日の源平争乱期に「紅旗征戎(こうきせいじゅう)、吾が事に非(あら)ず」(戦争と自分は無縁である)と吐露した。一途に、そして決然と、後鳥羽上皇とは別の道を歩んだのである。貴族文学の最高峰は、こうして、みごとに現代に伝えられた。(立命館大教授)