28日に開通する国道372号のバイパス区間(京都府南丹市園部町南八田)

28日に開通する国道372号のバイパス区間(京都府南丹市園部町南八田)

 京都府の南丹市や亀岡市と兵庫県丹波篠山市方面とを結ぶ国道372号で、未開通だった南丹市園部町南八田のバイパス区間(南八田道路)900メートルが28日、開通する。既存道路は大型車のすれ違いが難しく、安全面や災害時の物資輸送の面で不安があった。バイパスの完成で課題が解消され、兵庫県との交流促進も期待される。

 府が整備した。2017年に開通済みの400メートルの区間と合わせた延長は約1・3キロで、事業費は約23億円。片側1車線で、一部に追い越し車線が付く。

 全幅10・5メートルで、従来の道路に比べて倍となる。災害時に物資を運ぶ大型車両が通りやすくなり、早期復旧などに役立つと見込まれる。京都縦貫自動車道や舞鶴若狭自動車道へのアクセスも改善。京都中部圏域と兵庫県などとの往来の活発化も予想される。

 式典後、午後3時に開通の予定。