<京の知恵 しあわせの食 小宮理実>

 こんにちは。料理研究家の小宮理実です。桜の咲く頃となりました。人生の節目のシーズン。桜の花は別れも出会いもそっと温かく見守ってくれるかのようです。

 この時期、京都人の好きなカシワ(鶏肉)を使った「鶏の天ぷら」はいかがでしょう。お弁当から晩酌まで幅広くお楽しみいただけます。そぎ切りにした鶏もも肉を、しょうがのすりおろし、酒、しょうゆ、塩、砂糖、白こしょう、ごま油を合わせたタレで下味を付けてから、天ぷら粉で作った衣にくぐらせます。好みの野菜も揚げて付け合わせに。冷めてもおいしくいただけます。

 春のタケノコもお目見えするようになりました。「タケノコのバターしょうゆ焼き」は、ゆでタケノコを薄切りにしてオリーブオイルで焼き、しょうゆ、バターで味を付け、木の芽を散らしていただきます。シンプルながら旬の味わいを洋風に楽しみます。ゴボウ、大根、ニンジンのだしを生かしたのが「豆乳と根菜だしの豚汁」。豆乳と少しの白みそを加え、仕上げの段階で豚バラ肉を加えています。最近は豆乳入りのマイルドな豚汁を作ることが増えました。

 「牛肉とゴボウのおかか豆腐」は肉豆腐の進化版。花かつおを使えば、だしだけでなくおかずにもなります。鍋に水、ピーラーで長めにスライスしたゴボウと花かつおを加えコトコト5分煮ます。ゴボウと花かつおのうま味をしっかり出した後、酒、砂糖、しょうゆを加え、仕上げに木綿豆腐を手でつぶして入れます。牛肉は固くならないよう最後に加えてネギと一緒に軽く煮ます。

 「アサリとおかひじきのスープ」もだし入らず。鍋にオリーブオイルを温め、しょうが、ニンニク、白ネギのみじん切りを炒めて香りを出し、アサリを入れて口が開いたところで水を入れます。おかひじきを加え、塩・こしょうで味を調え、仕上げにバターを落とします。おかひじきはカリウムを豊富に含んだ優秀食材です。

 食後は「ハッサクのシロップ漬け」を。グラニュー糖と水を小鍋に入れ、沸騰させてシロップを作ります。冷めたら皮をむいたハッサクを加え、一晩漬け込みます。さっぱりとしたデザートです。

 桜とともに、どうぞ健やかな時間をお過ごしください。(料理講座「幸せ運ぶフクチドリ」主宰)

ホームページ「料理研究家・小宮理実」(https://komiyarimi.com/)


◆小宮理実 こみや・りみ 1971年京都市上京区室町生まれ。おせち料理・行事食研究家。家庭で作る季節の行事食を伝えており、食育活動のほか、商品開発も手掛ける。著書「福を呼ぶ京都 食と暮らし暦」「京のおばんざい四季の味」。