開花した長浜城歴史博物館そばの桜。ピンクの花が観光客を楽しませる(滋賀県長浜市公園町)

開花した長浜城歴史博物館そばの桜。ピンクの花が観光客を楽しませる(滋賀県長浜市公園町)

 彦根地方気象台は22日、滋賀県彦根市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。1953年からの観測史上最も早い開花で、散策する市民らが雨上がりの空を彩る桜花に本格的な春到来を感じ取っていた。

 気象台によると、2月下旬から高い気温で推移したため、平年より11日、昨年より5日早い開花になったという。この日の最高気温は大津市12・2度、彦根市11・5度といずれも平年並みだった。

 長浜城歴史博物館のある長浜市公園町の豊公園では、市が20日、桜の開花を確認。園内の約600本のソメイヨシノのうち半数近くが咲き始めた。ウオーキングの市民や観光客らはほころんだ桜の花を見て「早く咲いたね。きれいだね」などと話していた。