南丹市に使い捨て医療用ガウンを贈った口丹地区労働者福祉協議会の俣野会長(左)=南丹市園部町・市役所

南丹市に使い捨て医療用ガウンを贈った口丹地区労働者福祉協議会の俣野会長(左)=南丹市園部町・市役所

 新型コロナウイルス禍の医療従事者のために役立ててほしいと、口丹地区労働者福祉協議会は、使い捨て医療用ガウン600枚を南丹市に寄贈した。ガウンは市内の医療機関で使われる。

 同協議会は例年、東日本大震災で被害を受けた福島県で清掃などのボランティア活動を行っていた。

 コロナの影響で昨年は地域に貢献する活動ができなかったことから、京都労働者福祉協議会と共にガウンを寄贈することにした。

 22日、同市園部町の市役所でガウンを受け取った西村良平市長は、供給が不安定でごみ袋で代用していた時期を振り返り「消耗品なのでいくらあってもありがたい」と感謝を述べた。

 同協議会は同日、京丹波町にも同様のガウンを寄贈した。