4月下旬に開業予定の「京都河原町ガーデン」のイメージ。外観は「織物」をモチーフにしたという

4月下旬に開業予定の「京都河原町ガーデン」のイメージ。外観は「織物」をモチーフにしたという

 住友不動産は23日、京都市下京区・四条通河原町の京都住友ビル(旧京都マルイ)に入る商業施設「京都河原町ガーデン」を4月下旬にオープンすると発表した。売り場の大部分を家電量販店のエディオンが占め、四条通に面する1階部分には京都発祥のビジネスウェア「オンリー」の店舗も入る。

 同ビルの売り場面積は約1万3500平方メートルで、売り場は地下1階~地上8階。うち地下1階~地上6階には「エディオン」が核テナントとして入居する。

 7、8階にある住友不動産直営の飲食レストラン街「フードホール」には、「京都祇園天ぷら八坂圓堂」による店舗「カジュアル天ぷら門久」も開店する。