京都府京丹後市の本庁舎整備事業に関連し、市は市議会3月定例会に提案していた2021年度一般会計当初予算案を撤回した。総務委員会で一部議員から反対意見が出たためで、峰山庁舎に増築棟を建てる方針で計上していた計画策定費をいったん削り、24日までに同予算案を再提案した。

 同事業は、現在は網野と大宮庁舎などにある商工観光部や建設部、農林水産部などの集約を目的とし、前回の中山泰市長時代の15年に峰山庁舎前の防災倉庫に増築棟を建てる案を柱として計画された。だが、16年に就任した三崎政直前市長が計画を白紙に戻し、旧丹波小と福祉事務所、大宮庁舎に分散配置する計画を新たに立案した。

 ところが、17、18年に大規模な水害が発生したため、計画を一時凍結し……