新型コロナウイルスの感染拡大が、認知症や知的障害などで判断能力が十分でない人の生活を支援する成年後見人の活動に影響を及ぼしている。本人に直接面会ができないため、オンラインで対応するなどしているが、本人の変化や意思確認がしづらいといったケースがある。高齢化社会で制度を必要とする人が増える中、当事者に不利益が出ないよう関係者が工夫している。

 「お変わりないですか」…