【資料写真】咲き始めたベニシダレザクラの下で茶を楽しむ来場者ら(2019年4月、京都市左京区・半木の道)

【資料写真】咲き始めたベニシダレザクラの下で茶を楽しむ来場者ら(2019年4月、京都市左京区・半木の道)

 市民団体「鴨川を美しくする会」と京都鴨川ライオンズクラブは24日、例年4月上旬に京都市左京区の半木の道で開いている「第47回鴨川茶店」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染予防のため、昨年に続いて開催を見送る。

 桜並木が続く鴨川の河川敷で茶やだんごを味わい、邦楽などを楽しむ春の恒例行事として定着している。同会の杉江貞昭事務局長は「来年は優雅な鴨川茶店を開催したいので、楽しみにしていてほしい」と話している。