右京区内の風景や京都ゆかりの図柄がデザインされた婚姻届受理証明書

右京区内の風景や京都ゆかりの図柄がデザインされた婚姻届受理証明書

 京都市右京区役所は、区オリジナルの婚姻届受理証明書を作った。区内の風景や京都ゆかりの図柄がデザインされている。

 4月で区制90周年を迎えることを記念して企画した。区から依頼を受けた、嵯峨美術大と嵯峨美術短期大(いずれも同区)の学生が図柄を考えた。

 証明書は5種類。それぞれの証明書のフレームは、嵯峨嵐山地域の渡月橋や嵯峨野トロッコ列車、平安京の守り神とされる青龍などの四神をデザインした。区役所市民窓口課の担当者は「結婚した記念に、披露宴のウエルカムボードなどで飾ってもらえれば」と話す。

 いずれもB4判で、発行料は1400円。区役所に婚姻届を提出した人が対象。