京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)

京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)

 京都大iPS細胞研究財団などは25日、新型コロナウイルス感染者の血液から作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を研究機関向けに無償提供すると発表した。同日から申し込みの受け付けを始め、重症化のしやすさなど適切な診断方法に向けた研究開発を促す狙い。

 同財団や京大iPS細胞研究所、京大医学部付属病院、りんくう総合医療センター(大阪府)は昨年6~9月に重症度の異なる新型コロナ感染症の回復者6人から採取した血液を使い、iPS細胞を作製。うち3人について今年2月下旬に品質を確認する試験まで終えた。今後さらに3人分のiPS細胞が提供可能になるという。

 提供の申し込みは財団のウェブサイトから。財団理事長で研究所所長の山中伸弥教授は「多くの研究者に利用いただき、感染症の収束に少しでも貢献できればと考える」としている。