大津地裁

大津地裁

 女性7人を薬物入りの飲食物で昏睡(こんすい)させ、わいせつな行為をしたなどとして、準強制性交罪などに問われたデザイナーの男(45)=滋賀県長浜市=の判決が25日、大津地裁であった。大西直樹裁判長は「手口は悪質で巧妙。相当長期の懲役刑は免れない」として懲役18年(求刑懲役20年)を言い渡した。

 大西裁判長は判決で、男は、薬の作用で記憶がなくなり、犯行が発覚しにくいことを認識した上で、婚活パーティーやマッチングアプリなどで知り合った女性に、複数種の睡眠薬を状況に応じて使い分けて飲ませ、性的暴行を加えた、と指摘。さらに行為の様子を撮影、保存するなどし、「性欲のはけ口としての扱いを受けた被害者の強い処罰感情は当然だ」と強調した。

 弁護側は、一部の起訴内容については「合意があった」などと無罪を主張したが、判決は「酒を飲んでいると急に意識を失った」などの被害者の供述の信用性を認め、退けた。

 判決によると、2015~19年、当時20~30代の女性7人に対し、滋賀県内などで薬物を混ぜた飲食物を摂取させ、抵抗が困難な状態にし、わいせつな行為をするなどした。また、未成年者3人への児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪なども有罪と認定した。