春らしい暖かな日差しの中、濃いピンク色の河津桜に集まるミツバチ(5日午後2時、京都市上京区・一条戻り橋)

春らしい暖かな日差しの中、濃いピンク色の河津桜に集まるミツバチ(5日午後2時、京都市上京区・一条戻り橋)

 6日は冬ごもりの虫がはいでるとされる二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」。5日の京都市内は春の到来を感じさせる暖かさとなった。上京区の一条戻り橋では、河津桜の濃いピンク色の花にミツバチが集まっていた。

 京都地方気象台によると、5日の府内は高気圧に覆われ、最高気温は京都市で16・7度、京田辺市で16・1度、福知山市で15・5度を観測。3月中旬から4月上旬並みの陽気となった。

 通りかかる人たちも、薄着で春の装い。早咲きの河津桜にはメジロなども訪れ、花から花へとせわしなく移っていた。