中山泰市長

中山泰市長

 京都府京丹後市の中山泰市長は26日の定例会見で、議会事務局長に対し、自らが威圧的な発言をするハラスメントがあったと公表した。職員向けにおわびと反省のメッセージを出した。


 中山市長の説明によると9日、市議会一般質問での市長の見解を巡り、議員控室で議長と「政治的な論争」になった。直後、議長と入れ替わりに入室した事務局長に対して「あんなことを言っていいのか」「議長を呼んでこい」などと強く声を荒らげて詰問したという。15日に事務局長に謝罪した。


 中山市長は「とっさのことでも威圧的な行為で、許されないと理解している。深く自戒し、改めて心からおわびする」と話した。