明治、大正期に活躍した文人画の巨匠富岡鉄斎(1836~1924年)が過ごした京都市上京区室町通一条下ルの「富岡鉄斎邸」を、京都商工会議所が文化・産業の交流拠点として整備することが分かった。