【資料写真】彦根市消防本部のはしご車

【資料写真】彦根市消防本部のはしご車

 滋賀県の彦根市消防本部は29日、消防車両に備える公用の携帯電話を私的に使ったとして、副主査の40代男性職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 消防本部によると、職員は昨年7月から10月にかけ、夜間の勤務中や休憩中などに署内の消防車にある緊急連絡用の携帯電話を無断で使い、友人女性と電話やメールで計60回以上連絡した。

 職員は「自分の携帯電話が着信拒否されたから使ってしまった」と話しているという。