工場内で爆発事故があった旭化成の守山製造所(2020年6月10日、滋賀県守山市)

工場内で爆発事故があった旭化成の守山製造所(2020年6月10日、滋賀県守山市)

 滋賀県守山市の旭化成守山製造所で昨年6月に男性作業員1人が死亡した爆発事故で、大津労働基準監督署は29日、労働安全衛生法違反の疑いで、法人としての旭化成(東京都千代田区)と同社の男性部長(49)、下請けの工事業者「向陽プラントサービス」(宮崎県延岡市)と同社現場代理人の男性(45)を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年6月10日、製造所内の設備撤去工事現場で、爆発や火災などの防止措置を講じずに、引火性のある化学物質を使用していた設備を解体撤去しようとした疑い。