八幡市消防本部(京都府八幡市八幡植松)

八幡市消防本部(京都府八幡市八幡植松)

 京都府八幡市消防本部は30日、許可なく副業をしたとして消防署警備一課の男性消防副士長(25)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 同本部によると、消防副士長は昨年11月末から約2カ月間、営利を目的に起業にかかわるコンサルタント業を営んでいたという。収益は得られていなかったとみている。

 消防副士長は「起業に憧れがあった。深く反省している」と話しているという。

 関係者によると、消防副士長は「パソコン初心者が3カ月で100万稼いだ現在進行形の手法を完全公開」「忙しいサラリーマンでもできる月50万円以上の収益化」などと顔写真を載せて会員制交流サイト(SNS)で宣伝していたという。

 監督責任として上司の警備一課長も口頭注意した。