子どもの睡眠やライフスタイルを考えるシンポジウムが11日午後2時から、京都市上京区の京都府立医科大で開催される。生まれたばかりの赤ん坊から高校生まで、健康に育つのに大切な睡眠について専門家が意見を交わす。

 スタンフォード大医学部の西野精治教授が、「ライフスタイルにおける睡眠」と題して基調講演する。そのほか、府立医大の八木田和弘教授や同志社大赤ちゃん学研究センターの小西行郎センター長らによるパネルディスカッションもある。

 無料。定員300人。問い合わせは府立医大統合生理学教室075(251)5312。