京都府議選の投票用紙を積み替える業者や府選管の職員ら(京都市上京区・府庁)

京都府議選の投票用紙を積み替える業者や府選管の職員ら(京都市上京区・府庁)

 京都府と京都市の選挙管理委員会は6日、府議選と市議選(3月29日告示、4月7日投開票)に向け、投票用紙を各区選管に発送した。

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初の府議選、市議選となるため、投票用紙は前回よりそれぞれ3万枚多い118万5千枚と、点字用投票用紙3千枚を用意した。

 京都市上京区の府庁に投票用紙を積んだ業者のトラックが到着。選管職員らが1万枚と5千枚ごとに包まれた投票用紙を次々と別のトラック2台に移し替え、各区選管に配送した。

 京都市以外の府議選投票用紙は13日に発送する予定。