安土城天主南面の復元図。ほかにも案が示されており、決着していない=提供・愛媛大の佐藤大規助教

安土城天主南面の復元図。ほかにも案が示されており、決着していない=提供・愛媛大の佐藤大規助教

天主南面の断面復元図。最上階には三皇五帝などの絵が描かれていた=提供・愛媛大の佐藤大規助教

天主南面の断面復元図。最上階には三皇五帝などの絵が描かれていた=提供・愛媛大の佐藤大規助教

 織田信長が住まう「天主」が、安土山(滋賀県近江八幡市)にそびえたった。壮大な「塔」と当時の宣教師らが言い表した高層建築は、標高199メートルの山頂からさらに45メートルを見上げた。1576年の築城に前後し、「上様」と称されるに及んだ信長。足利将軍家に成り代わり、天下人の存在感を示さんとする象徴空間を出現させた。

■3点セット

 手だてに用いた新機軸は何か。「石垣、瓦、礎石建物の3点セットでの導入にある」。城郭史に詳しい中井均・滋賀県立大名誉教授はこう強調する。

 各パーツは中世の城で部分的に用いられていたが、同時に全てを用いた例はなかった。これを大量に用い、かつ組み合わせる中で、10メートル級の高石垣で覆って隔絶し、礎石建ちで金箔(きんぱく)瓦をふいた天主(地上6階・地下1階)が立つ主郭部などをつくり上げた。

 「戦国期の城はいわば山を切り盛りした土造りの城だった。だが、信長の石造りの城は、軍事優先の戦国山城とは一線を画し、政治的な機能を併せ持つ『見せる城』になった。革命的変化が起きた」(中井氏)。

■危うさ隠す

 天主は五色に彩られたという。『イエズス会日本年報』などによると、各層が違う色にみえ、金柱の望楼や朱柱の八角堂のほか、青の瓦、白の壁、黒の窓を備えていたようだ。

 壮麗さは、何も天下人の盤石さゆえではない。73年、信長は将軍・足利義昭を追放し、京の中央政権を単独で担わざるを得なくなる。一方、義昭が戦国大名・毛利氏のもとで反信長の檄(げき)を飛ばし続けたため、戦いに明け暮れる日々にあった。

 危うさを隠し、権勢を誇示するためか、内部の荘厳にもこだわった。絵師の狩野永徳、錺師(かざりし)の躰阿弥(たいあみ)、金工師の後藤家ら京の職人技を集成したさまは、側近の『信長公記』に詳しい。

 とりわけ天主は、信長の政権指針も映しているとみなされ、従来の研究では独裁性や専制性が見いだされてきた。

 一因は中国関連の画題や飾りを多用していた点にある。最上階の6階には三皇五帝や孔子十哲という伝説の人物を配した上、5階には釈迦説法図などによる仏教的な世界も現していた。自らを中国皇帝にもなぞらえて「天皇や将軍とは異なる地平に立つ」(池上裕子氏『織田信長』)という超越者志向を見て取る。

 一方、近年の「革命児・信長」像の見直しに伴い、異論もある。天皇と信長がともに補い合う公武王権を志向した現れといい、「むしろ同時代の社会秩序を保障しようとする者の意志」(柴裕之氏『織田信長』)と解する。天主そばに「行幸の御間」を備えた建物を築いて天皇を迎えようとしたが、延長線上の動きとしてとらえ直されている。

 1582年の本能寺の変で信長が討たれた直後、天主は炎上する。織田家の威光を放った高層建築は夢幻についえたが、権力を継いだ豊臣秀吉や徳川家康は、天下人の象徴たる「天守」を居城の真ん中に築き続けることになる。

■屋敷跡名に疑義も

 安土城が近世城郭成立の画期になったことは、多くの研究者で一致する。ただし、画期性の在りかをはじめとして、多くの争論がある。